HOME » » » » HERE

ゆにすち準備編(この画像は、https://www.pakutaso.com/さまから借用しています)

こんにちわ、横浜すみっこクリエイターととです。

unityでゲームを制作して販売するまでの軌跡を描くゆにすち!準備編です!

今回は、Visual Studio Code(以下、「VS Code」といいます)の設定を変更する方法と個人的におすすめ設定を紹介したいと思います。

ゆにすち!シリーズとは

このシリーズではunityでSTEAM販売を目指す!略してゆにすち!と銘打ち、モデリングもプログラミングも企画も販売も何から何までぜ~んぶド素人のととが、PCゲームを考え、制作して、販売するまでの風景を履歴として残していくものです。

この準備編では、3Dゲーム開発プラットフォームであるunityの導入など、ゲーム制作の開発環境を整えていきます。

この記事のポイント!

  • VS Codeは、きめ細かな設定でカスタマイズ可能!
  • 23コのおすすめ設定を紹介!

VS Code設定のカスタマイズ方法

ゆにすち(歯車マークから設定画面を開きます) 歯車マークからコンテキストメニューを表示

画面左下の settings設定をクリックします。

ゆにすち(設定画面が表示されました) 設定画面

エディター領域に設定画面が表示されるので、ここから設定していきます。カテゴリーごとにまとめられた左のリストからたどっていくか、画面上部の検索バーから目的の項目を探すこともできます。

おすすめの設定23選!

01. Code Lens

ゆにすち(Code Lens) Code Lens設定(テキストエディター)

クラスやメソッドなどが、どこから参照されているかを表示する「Code Lens」機能の設定です。

  • おすすめ値:無効
  • 初期値:有効

行間に「Reference」が挿入され、可読性を低下させるので無効にしました。

いずれ複雑なコードを扱うようになって、メリットを感じるようであれば有効に戻すかもしれません。

02. Copy With Syntax Highlighting

ゆにすち(Copy With Syntax Highlighting) Copy With Syntax Highlighting設定(テキストエディター)

エディター上のテキストコピー時に書式設定を含めるかどうかの設定です。

  • おすすめ値:無効(プレーンテキスト)
  • 初期値:有効

エディターからテキストをコピペする際は、貼り付け先の書式設定に合わせたいので、プレーンテキストになるようにしました。

03. Empty Selection Clipboard

ゆにすち(Empty Selection Clipboard) Empty Selection Clipboard(テキストエディター)

選択範囲を指定しない場合、フォーカスの当たっている行全体をコピーするかどうかの設定です。

  • おすすめ値:無効
  • 初期値:有効

うっかりコピーしてクリップボードを上書きするミスを防ぐため、無効にしました。

04. Insert Spaces

ゆにすち(Insert Spaces) Insert Spaces(テキストエディター)

Tabキーを押下したときに、Tab文字でなく空白文字に置き換えるかどうかの設定です。

  • おすすめ値:無効(タブのまま)
  • 初期値:有効

未だ終止符の打たれないTab vs Space の長き戦いですが、私はTab派閥です。

コードの後ろにコメントをつけるとき、空白文字にしているとズレるのが好きになれません。

05. Render Control Characters

ゆにすち(Render Control Characters) Render Control Characters(テキストエディター)

制御文字を表示するかどうかの設定です。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効

通常表示されない制御文字の不要な入力を防ぐために、表示有効にしました。

06. Render Whitespace

ゆにすち(Render Whitespace) Render Whitespace(テキストエディター)

空白文字やタブ文字などの表示に関する設定です。

  • おすすめ値:boundary(単語間の単一空白文字以外をすべて表示)
  • 初期値:selection(選択したテキストにのみ空白・タブ文字を表示)

インデントや末尾への不要な入力を防ぐために、常時表示にしました。

07. Scroll Beyond Last Line

ゆにすち(Scroll Beyond Last Line) Scroll Beyond Last Line(テキストエディター)

最後の行以上にスクロールできるかどうかの設定です。

  • おすすめ値:無効(スクロールできない)
  • 初期値:有効

私は余計にスクロールできないほうが好みです。

08. Tab Size

ゆにすち(Tab Size) Tab Size(テキストエディター)

1つのタブ入力が半角何文字分に相当するかの設定です。

  • おすすめ値:4
  • 初期値:4

初期値から変更していません。あえて書きましたが、私は4送りを好みます。

09. Word Wrap

ゆにすち(Word Wrap) Word Wrap(テキストエディター)

長い行の折り返しの設定です。

  • おすすめ値:on(折り返す)
  • 初期値:off

行番号に隙間ができるのがデメリットですが、折り返しておいたほうが可読性は向上すると思います。

10. Cursor Blinking

ゆにすち(Cursor Blinking) Cursor Blinking(テキストエディター>カーソル)

カーソルの点滅アニメーションの設定です。

  • おすすめ値:phase
  • 初期値:blink
ゆにすち(カーソルがフェードを伴って点滅します) phase設定時の挙動

phaseは、カーソルの点滅フェードがかかり、なめらかに切り替わります。

ゆにすち(カーソルが瞬間的に点滅します) blink設定時の挙動

blinkは、カーソルの点滅が瞬間的に切り替わります。

11. Cursor Smooth Caret Animation

ゆにすち(Cursor Smooth Caret Animation) Cursor Smooth Caret Animation(テキストエディター>カーソル)

カーソルを移動する際のアニメーションの設定です。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効
ゆにすち(カーソルが瞬間的になめらかに移動します) 有効設定時の挙動

有効では、文字入力や移動時のカーソルの動きが、なめらかになります。

ゆにすち(カーソルが瞬間的に移動します) 無効設定時の挙動

無効では、文字入力や移動時のカーソルの動きが瞬間的です。

12. Font Family

ゆにすち(Font Family) Font Family(テキストエディター>フォント)

エディターのフォントスタイルの設定です。

  • おすすめ値:Cica, Consolas, 'Courier New', monospace
  • 初期値:Consolas, 'Courier New', monospace

完全に好みですが、Cicaというフォントを追加しています。あらかじめPCにインストールしておく必要があります。

フォント名にスペースが含まれる場合は、シングルクォーテーション('font name'のように)でくくる必要があります。

フォントの導入方法の説明は割愛します。

13. Font Size

ゆにすち(Font Size) Font Size(テキストエディター>フォント)

エディターのフォントサイズの設定です。

  • おすすめ値:15
  • 初期値:14

使用しているフォントや画面サイズなどの環境によって変更する値ですが、私の環境では15が最適です。

14. Format On Paste

ゆにすち(Format On Paste) Format On Paste(テキストエディター>書式設定)

コードをコピペした際に自動コード整形するかどうかの設定です。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効

Web上からコピペしてきたりすると、インデント派閥に巻き添えを食らいやすいので、これは便利です。

15. Format On Save

ゆにすち(Format On Save) Format On Save(テキストエディター>書式設定)

ファイル保存時に自動コード整形するかどうかの設定です。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効

可読性向上のために、整形忘れを防止します。

16. Format On Type

ゆにすち(Format On Type) Format On Type(テキストエディター>書式設定)

入力時に自動コード整形するかどうかの設定です。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効

これも同じように、整形忘れを防止します。

入力時というのは「末尾のセミコロンを入力」 といった、所定のイベント

17. Render Characters(ミニマップ)

ゆにすち(Render Characters) Render Characters(テキストエディター>ミニマップ)

ミニマップに文字を表示するか、カラーブロックで簡易的に表示するかの設定です。

  • おすすめ値:無効(カラーブロック表示)
  • 初期値:有効(文字表示)

ミニマップがあると見た目がごちゃつきやすいので、カラーブロックですっきりと。

18. Scale(ミニマップ)

ゆにすち(Scale) Scale(テキストエディター>ミニマップ)

ミニマップのサイズの設定です。

  • おすすめ値:3
  • 初期値:1

私の環境と好みでx3を選んでいます。

19. Size(ミニマップ)

ゆにすち(Size) Size(テキストエディター>ミニマップ)

ミニマップのコンテンツ表現の設定です。

  • おすすめ値:fit(コンテンツ量に応じて圧縮表示され、ミニマップはスクロールしない)
  • 初期値:proportional(コンテンツサイズは変わらず、ミニマップもスクロールする)

現在地が把握しやすいよう、ミニマップのスクロールをさせないようにしました。

20. Eol

ゆにすち(Eol) Eol(テキストエディター>ファイル)

改行コードの設定です。

  • おすすめ値:\n(LF)
  • 初期値:auto(OS固有値を使用)

MacOSのデフォルトの改行コードがLFなので、Win ⇔ Macを行ったり来たりできるようにLF送りにしておきました。

21. Insert Final Newline

ゆにすち(Insert Final Newline) Insert Final Newline(テキストエディター>ファイル)

保存時に最終行に空行を挿入するかどうかの設定です。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効

最終行が空行でないとエラーを出す言語もあるので、空行を自動で入れるようにします。

22. Trim Final Newline

ゆにすち(Trim Final Newline) Trim Final Newline(テキストエディター>ファイル)

保存時に最終行以降の空行を削除するどうかの設定です。「Insert Final Newline」で入れた空行は残ります。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効

無駄な行は削除すべきなので、削除有効にしました。

23. Trim Trailing Whitespace

ゆにすち(Trim Trailing Whitespace) Trim Trailing Whitespace(テキストエディター>ファイル)

保存時に行末空白を削除するかどうかの設定です。

  • おすすめ値:有効
  • 初期値:無効

不要な空白はエラーの元なので、削除有効にしました。

まとめ

今回は、VS Codeの設定の変更方法と私が個人的におすすめする23コの設定値を紹介しました。ほかにもいろいろ便利な設定がありそうなので、値を変えてみてはいかがでしょうか。

次回予告

Next time on... blender 導入!

次回はモデリングソフトblenderをダウンロード、インストールして、ついでに日本語化までの手順を確認します。
では、今回はこの辺で。

コメント