[Unity]スタンダードアセットのインポート! | 【ゆにすち! - 入門編】(part.007)

ゆにすち(この画像は、https://www.pakutaso.com/さまから借用しています)

こんにちわ、横浜すみっこクリエイターととです。
『UnityでSTEAM販売を目指す!』略して『ゆにすち!』の【入門編】です!
この【入門編】では、3Dゲーム開発プラットフォームである[Unity]の導入と、その基本操作を学習していきます。

今回は「Unityアセットストア」から無料の公式アセット「スタンダードアセット」をインポートして使えるようにしていきます。

『ゆにすち!』シリーズ

このシリーズでは『UnityでSTEAM販売を目指す!』略して『ゆにすち!』と銘打ち、プログラムもモデリングも企画も販売も何から何までぜ~んぶド素人のととが、PCゲームを考え、制作して、販売するまでの風景を履歴として残していくものです。短い連載を重ねる形で発信していければと良いな、と思っております。
この【入門編】では、3Dゲーム開発プラットフォームである[Unity]の導入・基本操作を学んでいきます。

この記事のポイント!

  • Unityアセットストアからアセットパッケージを購入できる!
  • Unity公式のアセットパッケージ「スタンダードアセット」は無料!
  • 使用許諾は、「標準Unity Asset Store EULA」のみの「追加許諾」がついていないものを選ぼう!
  • ライセンスには、「シートライセンス」と「サイトライセンス」がある!

アセットとは

「アセット」とは、ゲームの部品のことです。3Dモデルやテクスチャー、音源データやスクリプト、プロジェクト自身など様々なアイテムを指します。
アセットは、自分で作成することもできますが、[Unity]アセットストアから購入して使用することもできます。ストアには無料で高品質なものも多くあります。
「アセットパッケージ」はアセットの集合体と思っていれば良いと思います。

今回は[Unity]公式の無料アセットパッケージ「スタンダードアセット」を自身の環境にインポートして、使ってみしょう。

公式アセットパッケージ「スタンダードアセット」のインポート

「Unityアセットストア」へアクセス

「Unityアセットストア」は、次のリンクからアクセスします。
Unity アセットストア

ゆにすち(Unityアセットストア)

トップ画面が表示されます。
(詳細説明は割愛しますが、右上のアイコンからログインしておきます)

「スタンダードアセット」の検索

ゆにすち(「standard assets」を検索します)

トップ画面上部の検索バーから、「standard assets」を入力して検索します。

ゆにすち(Standard Assetsサムネイル)

検索結果が表示されるので、上図と同じアイテムを探してクリックします。

ゆにすち(Standard Assets詳細ページ)

「スタンダードアセット」ページへたどり着くことができました。
マイアセットに追加するボタンをクリックします。
* 上図で下線を引いている「使用許諾」と「ライセンス」については後述します

ゆにすち(「Unityで開く」ボタンをクリックします)

しばらくすると、ボタンがUnityで開くに変わりますので、クリックします。

ゆにすち(「Unity Editorを開く」ボタンをクリックします)

クリックすると、上図のようなポップアップが表示されますので、Unity Editorを開くボタンをクリックします。

[Unity]への適用

ここまでの手順を[Unity]を開いていない状態で実施していると、[Unity Hub]が開きます。
アセットのインポートは、プロジェクトごとに設定する必要があるので、[Unity Hub]で適用したいプロジェクトを選択します。

ゆにすち(パッケージマネージャー)

[Unity]が開いて《パッケージマネージャー》タブが開いたと思います。一覧に「Standard Assets」が追加されていますね。右下のダウンロードボタンをクリックしてください。

ゆにすち(「インポート」ボタンをクリックします)

アセットパッケージのダウンロードが終わると、右下のボタンがインポートボタンに変わりますので、クリックしてください。

ゆにすち(「インポート」ボタンをクリックします)

《Import Unity Package》ダイアログが開くので、右下のボタンがインポートボタンをクリックします。

ゆにすち(プロジェクトにアセットが追加されました)

すこし時間がかかりますが、《プロジェクトウィンドウ》に「Standard Assets」フォルダーが追加されました。これでこのプロジェクトでアセットパッケージ「Standard Assets」を使えるようになりました。

バージョン間不整合の解消

ゆにすち(エラー頻出)

「Standard Assets」の場合、[Unity]のバージョン間で不整合があり、エラーが出てしまっています。

ゆにすち(不整合を削除します)

不整合を解消して、エラーを消しましょう。次の作業をしてください。

  1. 《プロジェクトウィンドウ》から、〔Assets〕 > 〔Standard Assets〕 > 〔Utility〕を開く
  2. 〔Utility〕フォルダー内の〔ForcedReset.cs〕と〔SimpleActivatorMenu.cs〕を削除する

これで不整合がなくなり、エラーが消えたはずです。
この時点ではまだ警告は残っていますが、次に[Unity]を開くときから出なくなります。

とりあえず使ってみる

キャラクターの配置

ゆにすち(Ethan(シーンビュー))

「Standard Assets」には、Ethan(イーサン)というキャラクターがセットになっています。シーン上に登場してもらいましょう。
まず地面を作ります。《ヒエラルキーウィンドウ》のボタンをクリックして、「3Dオブジェクト」>「平面」を選択します。
次に《プロジェクトウィンドウ》から、〔Assets〕 > 〔Standard Assets〕 > 〔Characters〕 > 〔ThirdPersonCharacter〕 > 〔Prefabs〕 > 〔ThirdPersonController.prefab〕をドラッグしてシーン上にドロップします。
何やらサングラス姿の怪しいヤツが姿を現しました。こいつがEthanです。

《ゲームビュー》で操作!

ゆにすち(Ethan(ゲームビュー))

《ツールバー》の再生ボタンをクリックすると、Ethanが動き出します。左右に揺れ、呼吸をしているかのように滑らかに動きます。
またWASDキーとスペースキーでEthanを操作することができます。
キーを押しても動かなくなったら、フォーカスが外れています。《ゲームビュー》のどこかをクリックすると、フォーカスが戻ります)
アセットがそのまま使用できる。それが[Unity]の強みですね。ソースコード一文も書かずに、人の作ったモデルを簡単に動かせてしまいました。

使用許諾とライセンスについて

使用許諾について

基本的にアセットストアで公開されているアセットには「標準Unity Asset Store EULA」が適用されます。これは、個人/法人・商用利用可を明記しているものです。また、「アセットが取り出せない形での公開、配布、販売、改変」を許可し、[Unity]以外でも使用可能となっています。

ただし、過去に存在していた「追加許諾」という考え方が事態をややこしくしています。アセットの制作者が追加で制限を設けているもの、それが「追加許諾」です。アセットストアでは、このように「追加許諾」が適用のままになっているアセットを排除する動きがかかっていますが、すべてが取り除かれているわけではありません。2021年5月現在でも「追加許諾」が混在しています。

個別のアセットページの記載内容をよく確認して、「追加許諾」が設けられている可能性があるものは、ダウンロード・購入を避けた方がトラブルを事前に回避できます。ご注意ください。

ライセンスについて

次にライセンスについてです。ライセンスは「1購入に対しての利用範囲」が定義されています。ライセンスには「シートライセンス」と「サイトライセンス」の大きく2種類の考え方があります。

「シートライセンス」は、原則一人1つの購入が必要になります。複数人で開発する場合は人数分が必要、ということです。無料のアセットも各自でダウンロードする必要があります。

「サイトライセンス」は、拠点数でライセンス必要数が決まります。「個人や単一拠点」と「複数拠点」で必要数が異なります。

一応。免責文

上記内容については、個人的な解釈が含まれており、これにより読者の方が被害を被った場合でも、当方には何ら責任を負うものではないとします。
それをご理解いただいたうえで、ご参考にされてください。

まとめ

今回は、アセットストアからUnity公式の無料アセットパッケージ「スタンダードアセット」をダウンロード、自環境にインポートして、実際にEthanを動かしてみました。アセットを利用すると、こんなにも簡単にモデルを操作できるところまでできるのですね。

次回予告

[Visual Studio Code]導入!
[Unity]でスクリプトを書くためのエディター[Visual Studio Code]の導入についてお話しします。
では、今回はこの辺で。

コメント

このブログの人気の投稿

[Unity]TextMeshProを動的に変更! | 【ゆにすち! - 入門編】(part.014)

UnityでSTEAM販売を目指す!