HOME » » » » HERE

[Unity]基本モデル「プリミティブ」の確認! | 【ゆにすち! - 入門編】(part.005)

access_time

update

ゆにすち(この画像は、https://www.pakutaso.com/さまから借用しています)

こんにちわ、横浜すみっこクリエイターととです。
『UnityでSTEAM販売を目指す!』略して『ゆにすち!』の【入門編】です!
この【入門編】では、3Dゲーム開発プラットフォームである[Unity]の導入と、その基本操作を学習していきます。

今回は[Unity]の基本モデルにどのような種類があるのか見てみたいと思います。

『ゆにすち!』シリーズ

このシリーズでは『UnityでSTEAM販売を目指す!』略して『ゆにすち!』と銘打ち、プログラムもモデリングも企画も販売も何から何までぜ~んぶド素人のととが、PCゲームを考え、制作して、販売するまでの風景を履歴として残していくものです。短い連載を重ねる形で発信していければと良いな、と思っております。
この【入門編】では、3Dゲーム開発プラットフォームである[Unity]の導入・基本操作を学んでいきます。

この記事のポイント!

  • シーン上に存在するものはすべてオブジェクト
  • 基本のオブジェクトはプリミティブと呼ぶ!
  • プリミティブは、6種類!
    1. キューブ
    2. スフェア
    3. カプセル
    4. シリンダー
    5. 平面(壁とか床)
    6. クアッド(GUIなどに)

オブジェクト

ゆにすち(シーン上のすべてのものはオブジェクト)

[Unity]では、3D空間上、つまりシーン上に存在するあらゆるものをオブジェクトといいます。立方体などのモデルはもちろん、カメラや光源もすべて「オブジェクト」です。

オブジェクトの生成

ゆにすち(ヒエラルキーウィンドウの+マークからオブジェクトを作成)

「オブジェクト」を新たに作成するには、次の方法があります。

  1. ヒエラルキーウィンドウの+マークをクリックする
  2. ヒエラルキーウィンドウ上で右クリック > コンテキストメニューを表示する
  3. メニューのゲームオブジェクトをクリックする

基本オブジェクト「プリミティブ」

プリミティブ

[Unity]では、いろいろな形状の3Dモデルをオブジェクトとして扱えますが、それらのモデルは外部からインポートする必要があります。
[Unity]内で直接作成できる基本的なオブジェクトは6種類あります。
これら6種類のオブジェクトをプリミティブといいます。

では6種類のプリミティブについて、それぞれ見ていきましょう。

キューブ

ゆにすち(キューブ)

キューブは、生成した状態で、一辺が1unitの正立方体です。
(unitは[Unity]内のサイズ単位)

ゲーム制作において、「キューブ」をそのままの状態で使う機会はあまりなさそうですが、例えばモデルを作りこんでいない部分にとりあえず配置してサイズ感を確認したり、テスト用に使用したりするのに向いていそうです。

スフェア

ゆにすち(スフェア)

スフェアは、生成した状態で、直径1unitの球体です。

テクスチャーを用意すれば、ボールや惑星などにそのまま使用できそうです。また物理法則を適用すれば、転がるボールを作れるかもしれません。

カプセル

ゆにすち(カプセル)

カプセルは、文字通りカプセル形状のオブジェクトです。
生成した状態では、縦に立っていて上下が半球状になっています。
円柱の直径は1unit、高さが2unit、つまり直径1unitの球を縦に半分に割ってその間に長さ1unitの円柱が挟まれた形状です。

シリンダー

ゆにすち(シリンダー)

シリンダーは、生成した状態で直径1unit、高さ2unitの円柱形状のオブジェクトです。
縦に立っていて、上下が円で閉じられています。
当たり判定(別の機会で説明します)が円柱状ではなく、カプセルと一緒なので、注意が必要です。(見えている面 と 当たる面が異なる、ということ)

平面

ゆにすち(平面)

平面は、生成した状態で一辺が10unitの正方形です。
横に寝ている状態で、TOP側に面があります(Bottom側からのぞき込むと面は見えません)。

床や壁などにそのまま利用することができます。

クアッド

ゆにすち(クアッド)

クアッドは、生成した状態で一辺が1unitの正方形です。
縦に立っている状態で、Back側に面があります(Front側から見ると面は見えません)。

ゆにすち(平面とクアッドの違い)

ちなみに「平面」と「クアッド」は、両方とも単一面を表現しますが、上図のような違いがあります。
使い分けとしては、

  • 平面:壁や床など
  • クアッド:ディスプレイやGUIなど

とすると良いようです。

まとめ

ゆにすち(プリミティブオブジェクト並列)

今回は、[Unity]の基本モデルである「プリミティブ」について確認しました。
[Unity]上では、シーン上にあるすべてを「オブジェクト」といい、基本となるオブジェクト「プリミティブ」は6種類あることがわかりました。

次回予告

[Unity]コンポーネントってなに?
[Unity]のオブジェクトについている各コンポーネントについて見ていきましょう。
では、今回はこの辺で。

コメント