HOME » » » » HERE

[Unity]視点操作! | 【ゆにすち! - 入門編】(part.004)

access_time

update

ゆにすち(この画像は、https://www.pakutaso.com/さまから借用しています)

こんにちわ、横浜すみっこクリエイターととです。
『UnityでSTEAM販売を目指す!』略して『ゆにすち!』の【入門編】です!
この【入門編】では、3Dゲーム開発プラットフォームである[Unity]の導入と、その基本操作を学習していきます。

今回は[Unity]シーンビューでの、視点の操作方法について確認して行きたいと思います。
ちなみに[Unity]では、操作によって複数のやり方があるものがあります。今回は、とと的におすすめの操作方法を書いていきます。

『ゆにすち!』シリーズ

このシリーズでは『UnityでSTEAM販売を目指す!』略して『ゆにすち!』と銘打ち、プログラムもモデリングも企画も販売も何から何までぜ~んぶド素人のととが、PCゲームを考え、制作して、販売するまでの風景を履歴として残していくものです。短い連載を重ねる形で発信していければと良いな、と思っております。
この【入門編】では、3Dゲーム開発プラットフォームである[Unity]の導入・基本操作を学んでいきます。

この記事のポイント!

  • 《シーンビュー》の視点操作は、4種類!
    1. 平行移動:マウスホイール保持でドラッグ
    2. 自視点を中心に回転:マウス右ボタン保持でドラッグ
    3. シーン中央を中心に回転:Alt + マウスボタン保持でドラッグ
    4. 拡大・縮小:マウスホイール回転
  • シーンギズモは、クリック1つで投影法や向きを変えることができる!

マウスでの視点操作

平行移動

ゆにすち(視点の平行移動)

《シーンビュー》上で、マウスホイールを押し込んだままドラッグすると、視点は平行移動します。カメラの向きを変えずにカニ歩きしているようなイメージです。

ゆにすち(ハンドマークがハイライト)

このとき、《ツールバー》上の「ハンドマーク」がハイライトされます。

自視点を中心に回転

ゆにすち(自視点を中心に回転)

《シーンビュー》上で、マウス右ボタンでドラッグすると、自視点を中心に視点を回転させることができます。足は動かさず、首だけで見まわすイメージです。
また、マウス右ボタンを押したままキーボードのW、A、S、D、E、Qで前後左右上下に平行移動することができます。カーソルの目のマークの下に「テトリス」みたいなのが出ていますが、それがWASDを意味しているそうです。

ゆにすち(目のマークに代わる)

このとき、《ツールバー》上のトランスフォームツールの左端が「目のマーク」に変ります。

シーン中央を中心に回転

ゆにすち(シーン中央を中心に回転)

《シーンビュー》上で、Altキーを押したまま、マウス左ボタンでドラッグすると、《シーンビュー》の画面中央部を中心に視点を回転させることができます。対象物を中心に自分が同心円上で動き回るイメージです。
ちなみに《ツールバー》上のトランスフォームツールの左端が「目のマーク」に変ります。

拡大・縮小

マウスホイールを回転させることで、拡大・縮小できます。感覚的には「拡大・縮小」というより「近づく・遠ざかる」が正しいかもしれません。
Windowsの場合で、マウス設定をいじっていなければ、ホイール奥転がし側が拡大です。

シーンギズモの操作

シーンギズモ

ゆにすち(シーンギズモ)

《シーンビュー》右上にある赤青緑の円錐がついたインジケーターが、シーンギズモです。シーンギズモは、3D空間上の方向を表示するとともに、視野変更のショートカット機能をあわせ持っています。

投影法の切り替え

ゆにすち(透視投影)

デフォルトでの投影法は、「透視投影」です。この投影法は私たちが日ごろ目にする視野と同じものですので、違和感がないと思います。

ゆにすち(平行投影)

シーンギズモのPerspか、円錐が集まっている軸中心(グレーの四角)をクリックすると、「平行投影」に切り替わり、「ISO」に表記が変わります。
この投影法は、日ごろ見なれないので違和感があるかもしれません。長さ・角度を重要視していて、どんなに奥にあっても大きさが同じであれば、同じ表現になります。
再度同じ操作をすると「透視投影」に戻ります。

軸水平ビュー

ゆにすち(軸水平ビュー)

円錐のカラーコーンをクリックすると、その円錐の方向からの視野に移動します。今、どの方向から見ているかは、「Right」などの表記で知ることができます。

視点回転のロック

シーンギズモの右上に、小さい南京錠マークがあります。デフォルトでは、鍵が外れた状態ですが、クリックすると鍵がかかって平行移動以外の視点の操作ができなくなります。

まとめ

今回は、[Unity]の視点の操作方法を確認しました。
視点操作には、大きく移動と回転がありました。また、シーンギズモを使ってどの方向を向いているのかを把握し、クリック1つで投影法や向きを変えることができるようになりました。

次回予告

[Unity]基本モデル「プリミティブ」の確認!
基本のモデルを見てみましょう。
では、今回はこの辺で。

コメント